よく分かる解説!株や投資で損をしないために

役に立つ!サラリーマンが株の投資する際のおすすめのやり方

よく分かる解説!株や投資で損をしないために

 

 

・サラリーマンが株の投資をする際の悩みについて

 

安定した収入のあるサラリーマンは、将来どれくらいの収入を得ることができるかを、ある程度は把握することができると思います。

 

その収入額を把握した上で、将来の生活のことを考えると不安になる人や、もう少し収入が欲しいと考える人がたくさんいると思います。

 

そこで、多くのサラリーマンが考えるのが株の投資です。

 

すでに株の投資を始めている人もたくさんいるでしょう。

 

しかし、サラリーマンが株の投資を始める際に多くの人が悩むことになるのが、取引する時間がないということだと思います。

 

株取引を行える証券取引所はたくさんありますが、サラリーマンができるだけ安定して資産を運用していきたい場合、東証がおすすめになります。

 

株式の上場の基準は証券取引所のよって異なりますが、東証は基準をクリアするためのハードルが高いところになります。

 

よって、その高いハードルをクリアし東証1部した企業は信頼度も高いと判断することができるというのが、安定して資産を運用していきたいサラリーマンに東証をおすすめする理由になります。

 

しかし、東証の取引時間は午前中の9時から11時半、午後の12時半から15時までになります。

 

サラリーマンだとこの時間帯は仕事をしていて取引できないという人がほとんどだと思います。

 

 

 

 

 

 

・サラリーマンでも取引ができるおすすめのやり方

 

東証の取引時間は仕事をしているからといって、株の投資は無理だというわけではありません。

 

サラリーマンでも、取引できるおすすめのやり方はいくつもあります。

 

まず、東証など日本のマーケットにこだわらず、海外の株式に投資するという方法もあります。

 

例えば、アメリカのニューヨーク市場であれば取引時間は日本時間の23時半から翌日の6時まで(夏期は1時間早くなるので22時半から5時まで)なので、仕事から帰ってきてから夜間に取引を行うということも可能です。

 

しかし、夜中に取引すると次の日の仕事に差し支えるという人や、海外の株式には抵抗があるという人も少なくないでしょう。

 

そういった人には、指値注文というおすすめのやり方があります。

 

すでに株の投資を行っている人なら知っている人も多いと思いますが、指値注文というのは簡単に言えば予約注文です。

 

株の売買をする際に、この銘柄がこの価格になったら買いたい(売りたい)という場面があると思います。

 

本来であれば、自分の希望価格になるまで値動きを見ながら待つことになりますが、その価格になったら自動的に取引が行われるように価格をして注文しておく指値注文なら、値動きを見ておく必要はありません。

 

これなら、取引時間に仕事があるサラリーマンでも取引することが可能です。

 

ただし、指値注文は他の人が同じ価格で成行注文した場合、成行注文が優先されるので、希望価格になったとしても取引が成立しないことがあるのを頭に入れておく必要があります。

 

人の心理として、3,000円になったらとか5,000円になったらとか区切りの良い数字で取引する人が多いので、多くの人の成行注文とかぶってしまわないために、区切りの良い価格を避けて指値注文するのもおすすめのやり方です。 

 

 

 

 

 

 

・取引時間外の有効な時間の使い方

 

サラリーマンは、取引時間外に自由な時間があるケースがほとんどだと思いますが、株の投資についての知識を深めるなど、時間を有効に活用して利益につなげることが大切です。

 

時間を有効活用する方法の一つとしておすすめなのが、神リッチプロジェクトという教材です。

 

神リッチプロジェクトとは、メディアでも多数紹介されている神王リョウ氏の株のトレードのノウハウを知ることができる教材です。

 

利益を上げるための自分なりのシステムをつくり出すコツを学ぶことができる教材なので、取引時間外の時間を使って学んでみてはいかがでしょうか。

 

 

次の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

これは驚き!株や投資の超初心者におすすめのやり方