本当はどうなの?株の投資ってギャンブル?博打?

本当はどうなの?株の投資ってギャンブル?博打?

本当はどうなの?株の投資ってギャンブル?博打?

 

 

・株の投資のイメージについて

 

「あなたは株の投資にどういったイメージを持っていますか?」

 

このように聞かれたら、株の投資はギャンブルだとか博打だとか答える人も多いのではないでしょうか。

 

株の投資の関心がある人でも、仮に運任せの要素が高いギャンブルや博打であるのであれば、大切な資産を使うわけにはいかないと考える人がほとんどだと思います。

 

よって「株の投資ってギャンブル?」「株の投資って博打?」という疑問をもったまま、株の投資を始めるのを躊躇している人も多いのではないでしょうか。

 

結論から言えば、株の投資はギャンブルや博打と同じではありません。

 

株の投資とギャンブルや博打との大きな違いは、主催者(胴元)が主導権を握っているかどうかです。

 

ギャンブルや博打には主催者がいて、運営料として掛け金の4分の1、多い場合は半分くらい主催者が受取ります。

 

そして残ったお金を、お金を出した人達で取り合うことになります。

 

つまり、最初から出したお金より少なくなったお金を取り合うわけなので、損をする人が多くなりますし、確率的にも回数を重ねていくと損する確立がどんどん上がっていくことになります。

 

一方、株の場合は、証券会社に取引手数料を支払うことになりますが、投資額からすれば微々たるものですし、ほとんど支払った総額を減らさない状態からスタートすることができます。

 

このように、ギャンブルや博打であれば胴元が儲かる仕組みになっていますが、株の投資は参加する人が同じ立場で始めることができるというのが大きな違いになります。

 

 

 

 

 

 

・優位性をもって株の投資を行う

 

ギャンブルや博打は胴元が圧倒的に優位ですが、株の投資は堂本の優位性はありません。

 

さらに知識や経験を積んでいって、今後株価が上がっていきそうな銘柄を選んでいく力が身に付けば、優位性をもって取引をしていくことができます。

 

優位性をもって取引を繰り返していけば、利益を出せる可能性が高くなるということになります。

 

しかし、何の根拠もなく優位性は全くない状態で取引してしまうと、ギャンブルや博打と同じようなものになってしまいます。

 

実際に株の投資をやったことがある人で、株の投資はギャンブルだとか博打だと言っている人は、優位性のないまま取引をして損失を出してしまった人がほとんどだと思います。

 

 

 

 

 

 

・株の投資はリスクを軽減できる

 

株の投資はギャンブルや博打とは異なりますが、リスクがあるのは事実です。

 

しかし、株の投資のリスクを軽減する方法はいろいろあります。

 

一度に資金のほとんどを使うのではなく、時期をずらして使っていくことでもリスクを分散することができますし、一つの銘柄ではなく複数の銘柄を購入することでも、リスクを分散させることができます。

 

さらに、複数の銘柄を購入する際に異なった業種の銘柄にすることで、さらにリスクを分散させることができます。

 

そもそも、絶対に株を所有しなければならないわけではないので、良さそうな銘柄が見つからないときは、無理して投資せずに見つかるまで待てば、無駄な損失を出すことも回避することができます。

 

 

 

下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

株の投資の初心者におすすめの勉強方法

 

 

 

このように株の取引はしっかりとした知識をもったり、経験を積んでいくことである程度リスクを抑えた状態で行うことができるのです。

 

「株の投資ってギャンブル?博打?」という疑問をもっていて、興味はあってもなかなか始めることができなかったという人は、ギャンブルや博打とは違うので安心して始めてみると良いと思います。

 

ただし、根拠のある取引を行って優位性をもつことと、資金管理やリスクを分散することを忘れないようにしましょう。

 

そのためには、常に情報にアンテナをはっておいたり、学習し続けることが大切になるので、実践していきましょう。