知らないと損する!株の投資でやってはいけないこと

知らないと損する!株の投資でやってはいけないこと

知らないと損する!株の投資でやってはいけないこと

 

 

・大きな損失を出す人の共通点

 

株の投資で最も避けたいのが、資金を大きく減らしてしまうことだと思います。

 

株の投資は大きく利益をあげることができる反面、大きく損失が出る可能性もあります。

 

株の投資が継続できないくらい大きな損失が出てしまうと、取り戻すチャンスも失ってしまいます。

 

逆に言えば、大きな損失を出さない限り、株の投資を続けることができて大きな利益を上げるチャンスを残すことができます。

 

これまで大きな損失を出して失敗してしまった人は数え切れないほどいますが、失敗してしまう人には共通点があります。

 

それは、株の投資でやってはいけないことをやってしまっているということです。

 

これから株の投資を始めようと思っている人は、大きく資産を減らしてしまわないためにも、やってはいけないことを知ることから始めてみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

・自己資金を大量につぎ込む

 

株の投資で失敗する人がやってしまいがちなのが、自己資金を大量につぎ込んでしまうことです。

 

なかには、自己資金をオーバーして信用取引してしまう人もいます。

 

大きな額を投資すればそれだけ大きな利益をあげる可能性があるのは間違いありませんが、それだけリスクも大きくなってしまいます。

 

どれだけ安定しているといわれている大企業の銘柄も、急落してしまうことは過去に何度もありますし、一夜にして大暴落することもあります。

 

特に初心者は、資金に余裕があったとしても、一気につぎ込まないようにするのが基本です。

 

また、一つの銘柄に集中して投資するのもリスクが高くなってしまうので、複数の銘柄に分けて投資するようにすることでリスクを分散することが基本になります。

 

また、複数の銘柄を選ぶ際には、異なった業種に分散するとさらにリスクを軽減することができます。

 

 

 

 

 

 

・塩漬け株をつくってしまう

 

塩漬け株をつくってしまうのも、株の投資でやってはいけないことの一つです。

 

株の購入するときは、その後株価が上がっていくことを期待するわけですが、期待とは裏腹に株価が下がってしまうことは誰にでも起こりうることです。

 

時には業績が悪化したりして、大きく下落してしまうこともあります。

 

そうなってしまった場合に、そのままにしておけばそのうちに戻ってくるだろうと期待して、長期間放置してしまう状態になっている株を塩漬け株といいます。

 

もちろん塩漬け株の株価がふたたび上昇してくる可能性もないわけではありませんが、予想に反して大きく下がっているわけなので、多くの場合は戻ることはありませんし、むしろさらに株価を下げてしまうケースが多く、余計に大きな損失を出してしまうことになってしまいます。

 

よって、そうならないためにも株価が予想に反して下がり続けたら、潔く損切りすることが大切です。

 

この損切りができずに大損をしてしまった人はたくさんいるので、損切りをきちんと行うようにしましょう。

 

 

 

次の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

サラリーマンが株の投資する際のおすすめのやり方

 

 

 

損切りはそれ以上大きな損失を出さないためにも大切なことですが、損失を確定させる行為になるので、いざ行う場面が訪れると損切りをなかなか行えずに、タイミングを逃してしまう人も少なくありません。

 

良いタイミングで損切りを行うためには、どうしてその銘柄を選んだのかを明確にしておくことが大切です。

 

その銘柄を選んだということは、その銘柄だったら今後株価が上がるであろうという根拠があることになります。

 

その根拠は株価チャートであったり、業績であったりと、購入する人によって異なってきますが、その根拠が違っていたと分かった時点で損切りするようにすると良いでしょう。

 

株価が下がり続けてしまったときは一度の取引に固執するのではなく、潔く損切りをして、他にもっと期待できる銘柄を探そうと気持ちを切り替えることが大切です。